米共和党指名争い、トランプ氏が独走 2位に20ポイント差 

トランプ氏が独走状態に

トランプ氏が独走状態に

(CNN) 来年の米大統領選の共和党候補指名獲得争いで、資産家のドナルド・トランプ氏の支持率は36%に達し、2位を20ポイント引き離して独走状態にあることが、CNNと調査機関OCRの最新の世論調査で分かった。

トランプ氏のリードは6月の出馬表明以来、最大となった。

トランプ氏を追うテッド・クルーズ上院議員の支持率は16%で、元神経外科医のベン・カーソン氏は14%。さらにマルコ・ルビオ上院議員が12%で続いている。他の候補者の支持率はすべて5%以下。

10月中旬に行われた前回の世論調査からは、カーソン氏、ジェブ・ブッシュ・元フロリダ州知事、ランド・ポール上院議員が大きく支持率を落とした。一方、クルーズ氏は12ポイント増、トランプ氏は9ポイント増と支持率を大きく伸ばした。

共和党支持者のうち、大卒以上の層ではクルーズ氏が21%の支持を集めトップ。僅差で19%のカーソン氏とルビオ氏、18%のトランプ氏が追う。一方、それ以外の層では、トランプ氏の支持率が43%と圧倒的なリードを保っている。

トランプ氏は争点別でも圧倒的な支持を得ており、経済、連邦予算、不法移民、過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」、外交といった争点で、いずれも他を寄せ付けない支持率を獲得している。

調査は11月27日~12月1日、無作為に選んだ成人1020人を対象に電話で実施。うち登録有権者は930人で、共和党支持者や共和党寄りの無党派層は445人だった。共和党支持者らの調査結果に関する統計上の誤差はプラスマイナス4.5%。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]