グアンタナモ収容者が手記出版、拷問の体験も

グアンタナモ基地

ニューヨーク(CNNMoney) キューバのグアンタナモ米軍基地に12年にわたって収容されている男性が、収容中の体験などをつづった手記「グアンタナモ・ダイアリー」を出版した。

著者のモハメドウ・オウルド・スラヒ氏はモーリタニア出身で、2002年から同基地に収容されている。1990年代にアフガニスタンで戦闘に加わり、2001年9月11日の米同時多発テロの後、ロサンゼルス空港の爆破を企てた疑いで米当局に拘束された。テロ実行犯の勧誘に手を貸した容疑もかけられているが、起訴されないまま現在に至っている。

著書では拷問を受けたと訴え、自分の拘束について尋ねても答えてもらえなかったと記した。

ニューヨーク・タイムズ紙のコラムニスト、ジョー・ノセラ氏は20日の書評で同書について、「すべての米国人が読むべき」と評している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]