米無人ロケット、打ち上げ直後に爆発

2014.10.29 Wed posted at 09:43 JST

[PR]

(CNN) 米航空宇宙局(NASA)によると、無人宇宙船「シグナス」を搭載したロケット「アンタレス」が米東部時間28日午後、南部バージニア州ワロップスにあるNASAの施設から打ち上げられたが、直後に爆発して地上に落下し炎上した。

アンタレスとシグナスは国際宇宙ステーション(ISS)へ物資を運ぶため、米民間宇宙企業オービタル・サイエンシズが開発。約2300キロの補給物資や実験機器を載せ、28日午後6時22分(日本時間29日午前7時22分)に打ち上げられたが、打ち上げ開始から6秒後に爆発し、地上に落下した。

NASAの報道官は「死者は出ていないが、施設や機体に相当な損傷があった。管制が原因を調べている」と述べた。

打ち上げの責任者によると、関係者全員の無事が確認され、他に負傷者の報告もないという。

メールマガジン

[PR]

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]