ハロウィーンで芸者の仮装はNG?、啓発活動に賛否 米

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(CNN) 芸者や爆弾テロ犯、先住民など民族や人種に対する偏ったイメージのコスチュームを仮装に使わないで――。米オハイオ大学の学生団体がハロウィーンを前に、そう呼びかけるキャンペーンを展開している。

インターネットでは、このキャンペーンをもじって犬やロボットや宇宙人を登場させた冗談の画像も出回った。

キャンペーンのテーマは「私たちは文化です。コスチュームではありません」。芸者の仮装写真を持つアジア系の学生、爆弾テロ犯の仮装写真を持つ学生、ロバに乗ったメキシコ人の仮装写真を持つ中南米系の学生などが登場し、「これは私ではありません。これは良くないことです」と訴える。

企画したのは人種差別をなくすための啓発活動を行っているオハイオ大学の学生団体。昨年のハロウィーンで、ラッパーやタイガー・ウッズの仮装と称して顔を黒く塗った学生が続出したことがきっかけだった。

この運動は各国のメディアに注目されるとともに、インターネットでも論議を呼んだ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]