107歳の男が立てこもり、警官隊と銃撃戦で死亡 米

(CNN) 米アーカンソー州の警察は、107歳の男が民家に立てこもる事件があり、特殊部隊との銃撃戦の末に射殺されたと発表した。

同州パインブラフの警察によると、死亡したのはモンロー・イサドール容疑者(107)。7日夜に民家から通報があり、駆け付けた警察官が暴行事件の被害者とみられる2人を発見して救出。寝室に近づいたところ、イサドール容疑者がドアごしに発砲してきたという。

警察はいったん後退して応援を要請し、特殊部隊がイサドール容疑者の説得を開始した。寝室に挿入したカメラから、同容疑者が短銃1丁を持っていることも判明した。

イサドール容疑者が説得に応じなかったことから、警官隊が窓ごしにガスを注入するとともに、ドアを破って寝室に突入。発砲してきたイサドール容疑者と銃撃戦になり、同容疑者が死亡した。

この民家で発生したとみられる暴行事件と、イサドール容疑者との関係は分かっていない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]