外国旅行が復活も、日本や中国など人気観光地で受け入れ再開せず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本の入国者の受け入れは依然対象外となっている/Adobe Stock

日本の入国者の受け入れは依然対象外となっている/Adobe Stock

(CNN) 新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)で途絶えていた海外旅行者が、世界各地で活気を取り戻し始めた。外国人観光客の受け入れを再開する国が多いなかで、日本や中国は今も再開の見通しが立っていない。

アジア・太平洋地域の観光省庁や旅行会社、空港など650団体が加盟する太平洋アジア観光協会(PATA)のリズ・オルティゲイラ最高経営責任者(CEO)は、シンガポールやマレーシア、タイ、オーストラリアなどの市場が回復の兆しを見せる一方、一部の主要市場では事実上の封鎖状態が続いていると指摘。地域全体をみると「非常に不均衡な回復状況」だと話す。

日本は今月10日から入国者の上限を1日1万人に引き上げるなど、厳格な入国制限をしだいに緩和しているものの、観光客は対象外だ。

現時点で入国できるのは日本人・永住者とその家族、研究者、学生、事前に入国許可を得たビジネス関係者に限られ、出発国によっては隔離が義務付けられる。

岸田首相は今月8日の記者会見で、観光客の受け入れについての質問に「今後も感染状況や国際的な各国の動きを見ながら適切に判断していかなければならない」と答え、再開の時期はまだ確定していないと述べた。

中国はパンデミック前、海外旅行客が世界一多い市場だった。しかし国民は現在、外国への渡航をできる限り避けるよう求められている。それでも渡航した場合、帰国時には少なくとも2週間の隔離が必要になる。

外国人観光客は入国できない。中国の疾病対策当局は昨年10月、今年初めまでに人口の85%以上がワクチン接種を完了した時点で国境を再開する方針を示していた。接種率はすでに目標に達したものの、今は複数の都市で感染拡大の抑制に苦心している状況で、近いうちに再開する可能性は極めて低い。

マカオのカジノはほとんどの海外旅行者の立ち入りを禁止している/Adobe Stock
マカオのカジノはほとんどの海外旅行者の立ち入りを禁止している/Adobe Stock

マカオは中国本土、香港、台湾以外から訪れる観光客の入境を認めていない。入れたとしても、中国の一部の都市から来た場合を除き、2週間の隔離を命じられる。当局は今月中旬、近くビジネス関係者や学生の受け入れを再開するとの方針を示したが、詳細は発表されていない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]