いにしえの名勝ブータン横断路、60年ぶりに観光客の受け入れ再開へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
元々仏教徒の巡礼路だった全長約400キロのルートは、ブータンとチベットとを結ぶ/Trans Bhutan Trail
写真特集:古くからの巡礼路が復旧、険しくも美しいブータンの横断路を見る

元々仏教徒の巡礼路だった全長約400キロのルートは、ブータンとチベットとを結ぶ/Trans Bhutan Trail

(CNN) ヒマラヤ山脈の小国ブータンは、世界で最も神秘的な国の一つであり、「雷竜の地」への訪問は困難なものとなり得る。だが今年、息をのむような景色が広がるブータン横断路が、60年を経て再び旅行者に門戸を開くことになり、「死ぬ前にやっておきたいこと」の1つをリストからいよいよ外す新たなモチベーションになりそうだ。

修復プロジェクトの主要な資金提供者であるブータン・カナダ財団によれば、全長約400キロのルートは9つの県(ゾンカク)と28の郡(ゲオク)、2つの街、1つの国立公園、そして400もの歴史的・文化的名所を結ぶ。

徒歩でもマウンテンバイクでも通行可能な横断路全体を踏破する旅行者は、18基の大橋を渡り、1万段の階段を上ることになる。

同財団のサム・ブライス理事長は、「これは建設および事業の双方において、巡礼者や旅行者のために、いにしえの文化のシンボルを復旧させ、持続可能で炭素ネットゼロの経験を提供することになる、地域社会に根差したプロジェクトだ」と説明。

「ブータン横断路はまた、国民総幸福という同国の哲学を反映するもので、ブータンの子どもたちが祖先の足跡をたどれることにもなる」と述べた。

横断路の西端に位置するのは、中国のチベット自治区との境界付近にあるハという町で、東端はインド・アルナチャルプラデシュ州との境界に近いタシガンとなる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]