「ブルーラグーン」に警察が黒い染料、全土封鎖後も観光客止まらず 英

英イングランドの観光名所「ブルーラグーン」。外出禁止を無視して訪れる観光客が絶えなかったことから、警察が黒い染料を流した/Buxton Police SNT

英イングランドの観光名所「ブルーラグーン」。外出禁止を無視して訪れる観光客が絶えなかったことから、警察が黒い染料を流した/Buxton Police SNT

(CNN) 青い水をたたえた光景の美しさから「ブルーラグーン」として有名になった英イングランドの観光名所で、全土に外出禁止令が出された後も訪れる観光客が後を絶たなかったことから、警察が染料を流して青い水を黒く染める措置に踏み切った。

ブルーラグーンはロンドン北西部バクストン近郊の石灰岩の石切場だった場所にあり、「インスタ映え」スポットとして人気を集めていた。

英国ではジョンソン首相が23日、新型コロナウイルスの感染拡大を抑え込むため、全国民に外出を控えるよう指示。「従わない場合は警察が強制権を行使する」としていた。

警察によると、それでもブルーラグーンを訪れる観光客が後を絶たなかったため、染料を流し込むことにしたという。

25日のフェイスブックでバクストン警察は、「染料を使って水があまり魅力的に見えないようにした」と述べ、「どうか自宅にとどまって」と呼びかけた。

黒い染料を流す前の「ブルーラグーン」/Buxton Police SNT
黒い染料を流す前の「ブルーラグーン」/Buxton Police SNT

ブルーラグーンが黒く染められたのは今回が初めてではなかった。ラグーンの水には有害な化学物質が含まれており、周辺に設置された看板によれば、水の中には車や動物の死骸、ごみなどが沈んでいる。このため警察は定期的に染料を流して遊泳を阻止していた。

英国でも新型コロナウイルスの症例数は増え続けている。米ジョンズホプキンス大学によると、29日の時点で確認された症例数は1万9772例、死者は1228人に上る。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]