米少年、中国のフォロワー180万人 「困惑した笑顔」で人気者に

中国で人気者のギャビン・トーマス君=2018年、中国・天安門広場/Settebello Entertainment

中国で人気者のギャビン・トーマス君=2018年、中国・天安門広場/Settebello Entertainment

(CNN) 米ミネソタ州出身の8歳の少年が、中国のネットユーザーの間で大変な人気者になっている。困ったように笑う表情の画像などが、ソーシャルメディア上で大ヒットした。

この少年はギャビン・トーマス君。中国のソーシャルメディア「微博(ウェイボー)」に登録したところ、わずか4カ月のうちにフォロワー数が180万人に到達した。

もともとは、おじのニック・マストドンさんがギャビン君と遊ぶ場面を撮影してネットに投稿し、米国内で話題になった。

この動画が中国に広がって人気が爆発した。特に、ギャビン君が頭にトカゲを載せられて困惑し、神経質な笑みを浮かべる表情のGIFアニメは、中国のソーシャルメディア上で1日1000万回も使われているという。

中国のさまざまなソーシャルメディアで使われるギャビン君関連の画像を合わせると、10億件を軽く超えるともいわれている。

ウェイボーへの登録は国営メディアで報じられ、今年8月の中国初訪問もトップニュースになった。

ギャビン君は「作り笑いの少年」というあだ名で呼ばれている。中国社会では、気まずい空気を和らげるために笑顔を作るような場面が多く、ギャビン君の表情がぴったり当てはまるとの指摘もある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]