フェイスブック、単体で利用可能なVR端末を発表 来年発売

2017.10.12 Thu posted at 15:33 JST

[PR]

サンノゼ(CNNMoney) 米フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は11日、米カリフォルニア州サンノゼで開催された仮想現実(VR)関連の開発者向けのイベントで、VRが楽しめる新しいゴーグル型端末「オキュラス・ゴー」を発表した。価格は199ドル(約2万2000円)で、来年初めに発売される。

他社の端末とは違って、パソコンなどに接続することなく単体で使用可能。

これまでのVR向け端末は大きく2つの種類に分けられた。韓国サムスン電子の「ギアVR」などは利用するのにスマートフォンが必要だった。また、「オキュラス・リフト」はパソコンに接続して使用する。今回発表されたオキュラス・ゴーは単体で利用できる。

フェイスブックは高価なパソコンが必要なくなることで、より多くの人たちにVRを体験してもらいたいと考えている。レンズやディスプレーが改良されたほか、スピーカーを搭載している。

フェイスブックは2014年、新興企業だったオキュラスを20億ドルで買収していた。

ザッカーバーグCEOは、VRの利用人口を10億人にするという目標を掲げている。

メールマガジン

[PR]