ツイッターでインフルエンザ流行地域の予測目指す 米研究

(CNN) 全米でインフルエンザが猛威を振るうなか、ツイッターなどのソーシャルメディアを通して発生状況を把握する研究が盛んに行われている。米ジョンズホプキンズ大学の研究チームはこのほど、インフルエンザに関するツイートをより正確に選別する方法を開発した。

チームの目標はインフルエンザの発生状況を追うだけでなく、感染がいつどこへ広がるかを予測することだという。事前の警告があれば一般市民は予防を心がけ、医療機関や学校も流行に備えることができる。ツイートに付いている位置情報から、患者のいる場所がリアルタイムで正確に特定できるのが強みだ。

だが1日3億4000万件にも上るツイートには、紛らわしい情報も多数含まれている。インフルエンザの流行が全米でニュースになれば、自分がかかっていなくてもインフルエンザについて語る人は急増する。「インフルや病気という単語だけを拾ってもうまくいかない」と、チームの研究者は指摘する。

チームではこうした問題を修正するアルゴリズムを使い、必要な情報だけを取り込んでいる。もともとツイッターで保健関連の情報を追跡する研究を進めていたが、インフルエンザの流行を受け、対象を絞ることにしたという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]