日産、新型フェアレディZを発表

日産、人気のフェアレディZを刷新

(CNN) 日産は15日夜、スポーツカー「フェアレディZ」の新型のプロトタイプを発表した。新型の登場は10年以上ぶりとなる。

フェアレディZには熱心な愛好家もおり、初期のモデルはコレクションの対象ともなっている。ハガティーの鑑定人によれば、状態の良い初代「240Z」には約2万ドルの値段がつくという。走行距離がわずか約3万3000キロの1971年のモデルが31万ドルで落札されたこともある。

往年の「240Z」と並んだ新型プロトタイプ/Nissan
往年の「240Z」と並んだ新型プロトタイプ/Nissan

現行のモデルは「370Z」で20009年に登場した。

今回発表されたプロトタイプのデザインには、これまでのフェアレディZから引用された要素が含まれている。ボンネットやヘッドライトは240Zのバランスを想起させる。V6型ターボエンジンとマニュアルトランスミッションを搭載した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]