オバマ陣営、4年前と同じ店で縁起かつぎの夕食会

CNNが伝えた米大統領選

シカゴ(CNN) 米民主党のオバマ大統領の陣営は、米大統領選前夜の5日、縁起をかついで2008年の前回選挙の最終日に集まったのと同じレストランで夕食会を開いた。陣営幹部のステファニー・カッター氏が明らかにした。

オバマ大統領は5日、アイオワ州デモインで遊説を締めくくった後、前回と同じレストランに陣営スタッフが集まった。08年の選挙事務所はこのレストランと同じ建物にあり、スタッフが頻繁に利用していた。この日の夕食会のメニューも、4年前と同じチキンウィングだった。

カッター氏によると、選挙絡みの縁起かつぎはほかにも多数あるという。前回選挙の時と同様、陣営の男性スタッフは投票日前日にひげを剃らず、側近の多くは08年と同じ装いだった。オバマ大統領は選挙デー当日の恒例として、シカゴでバスケットボールの試合を行う。

大統領はその後、ホテルに移動して開票を見守る。カッター氏によれば、この日のオバマ氏は、穏やかでワクワクした様子だという。大統領の2人の娘は大統領夫妻の親族とともに、シカゴにある大統領の私邸で夕食をとる。

カッター氏は、選挙戦は同日夜の早いうちに決着がつき、予想外のことは何も起きないはずだと自信を見せている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]