ゲームに変革をもたらした日本製品8選<上> アーケード機からファミコンへ

ナムコのアーケードゲーム「パックマン」

ナムコのアーケードゲーム「パックマン」

(CNN) 世界最初のコンピューターゲームは日本が発明したわけではない。その栄誉は米マサチューセッツ工科大学(MIT)が1962年に生み出したゲーム「スペースウォー!」のものだ。

しかし日本はこれ以降、ほとんど比類のない情熱でゲーム文化を受け入れてきた。文化的に巨大な存在となった「スーパーマリオ」や「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」が登場する一連のゲームから、「メガドライブ」や「ゲームボーイ」といった各時代を象徴するゲーム機に至るまで、ゲームの世界は数十年にわたり東京がリードしてきた。

ビデオゲームの専門家で著書もあるブレイク・ハリス氏は、「日本の貢献がなければ、ビデオゲーム産業は存在しなかっただろう」と指摘。「少なくとも、今日のゲーム産業に似たものはなかったはずだ」と話す。

以下では、歴史を通じて最も重要なビデオゲーム関連の日本の発明8選を紹介する。

スペースインベーダー(タイトーのアーケードゲーム)1978年

最初のアーケードゲームの一つ「スペースインベーダー」は日本国内のビデオゲーム熱に火を付けた。

発売の数週間前には、人気SF映画シリーズ「スター・ウォーズ」第1作の劇場公開が開始。こうした文化的な出来事と、降下してくる異星人をレーザー砲で撃つというシンプルな方式が相まって、スペースインベーダーはすぐにヒットを記録した。

タイトーは1978年末までに日本で6億ドルの売り上げを記録したほか、スペースインベーダーをプレーできるゲーム機10万台を設置した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]