ドイツの元自転車選手、銀メダルをオークションに ウクライナの子らを支援

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トニー・マルティンさんは2012年のロンドン五輪で銀メダルを獲得した/Tim de Waele/Getty Images Europe/Getty Images

トニー・マルティンさんは2012年のロンドン五輪で銀メダルを獲得した/Tim de Waele/Getty Images Europe/Getty Images

(CNN) 自転車ロードレースのトニー・マルティン元選手(ドイツ)がウクライナの子どもたちを支援するため、2012年ロンドン五輪の個人タイムトライアルで獲得した銀メダルをオークションに出している。

収益はすべて、ウクライナの子どもと家族を支援するドイツの団体に寄付するという。

マルティン氏は27日にインスタグラムへの投稿で、ウクライナ侵攻の画像を見て「ソファに座っていられない気持ちになった」と述べ、「保護を一番必要としているウクライナの子どもたちとその家族へ手を差し伸べる皆さんに、深い敬意を表する」「微力ながら私も力になりたい」と表明した。

さらに「私の競技人生で得た最大の記念品を手放すのは簡単なことではない。だが何百万人もの人々がほぼ何もかも失ったことを考えると、ぜひそうしたいと思う」と書き込んだ。

マルティン氏は世界選手権で通算4勝を挙げ、昨年引退した。

オークションはインターネット上で4月9日まで開催される予定。現時点で9600ユーロ(約130万円)の値がついている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]