活動家のパラシュートが試合開始直前のフィールドに、数人負傷 欧州選手権

グリーンピースの活動家がパラシュートで試合前のフィールドに降下し数人が負傷した=15日、ドイツ・ミュンヘンのアリアンツ・アレーナ/Matthias Schrader/AP

グリーンピースの活動家がパラシュートで試合前のフィールドに降下し数人が負傷した=15日、ドイツ・ミュンヘンのアリアンツ・アレーナ/Matthias Schrader/AP

(CNN) サッカー欧州選手権が行われているドイツ・ミュンヘンのアリアンツ・アレーナで15日、ドイツ対フランスの試合開始直前に環境保護団体グリーンピースの活動家がパラシュートでフィールドに降下した。欧州サッカー連盟(UEFA)によると、この影響で数人が負傷して病院に運ばれた。

ピッチに侵入した黄色いパラシュートには「KICK OUT OIL(オイルを蹴り出せ)」「GREENPEACE(グリーンピース)」の文字が入っていた。

SNSではこの時の様子をとらえた映像が出回った。パラシュートは頭上のカメラを支えるケーブルに衝突し、バランスを崩したようだった。

UEFAはCNNに声明を寄せ、会場にいた数人が負傷して入院したと説明。「大勢の人に重大な影響を及ぼす可能性もあった」「司法当局が必要な措置を講じる」としている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]