サッカーW杯アジア予選、日本がモンゴルに14―0の大勝

ワールドカップアジア2次予選で日本が14ゴールを決めてモンゴルに大勝した/Koji Watanabe/Getty Images

ワールドカップアジア2次予選で日本が14ゴールを決めてモンゴルに大勝した/Koji Watanabe/Getty Images

(CNN) 2022年に開催されるサッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会への出場権をかけて30日に行われたアジア2次予選で、日本代表がモンゴル代表を14―0で破った。日本にとっては史上2番目となる大差での勝利だった。

試合では独ブンデスリーガのブレーメンに所属する大迫勇也選手がハットトリックを達成。イングランド・プレミアリーグのリバプールに所属し、現在サウサンプトンにレンタル移籍中の南野拓実選手もスコアシートに名を連ねた。

記録されたシュート本数はモンゴルの2本に対し、日本は34本だった。

日本にとって14―0の勝利は1967年の対フィリピン戦で挙げた15―0以来の大勝。

この結果により日本は、6月3日に予定されているミャンマー戦に勝利すればアジアの最終予選進出が決まる。

日本対モンゴルの試合は本来であればモンゴルのホームで開催されるはずだったが、新型コロナ対策の隔離規定を理由にモンゴル側が自国開催を断念。試合は千葉県のフクダ電子アリーナで観客を入れずに行われた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]