ブレークダンス、24年パリ五輪で初採用 IOC

ブレークダンスが24年のパリ五輪で初採用される/EITAN ABRAMOVICH/AFP/AFP via Getty Images

ブレークダンスが24年のパリ五輪で初採用される/EITAN ABRAMOVICH/AFP/AFP via Getty Images

(CNN) 国際オリンピック委員会(IOC)は7日、2024年に仏パリで開催する夏季五輪の正式種目にブレークダンスを採用すると発表した。

ダンス競技が五輪で採用されるのは初めて。ブレークダンスは2年前にアルゼンチン・ブエノスアイレスで行われたユースオリンピックで競技種目となっていた。

7日にはスケートボード、スポーツクライミング、サーフィンも追加種目に選ばれた。これらの競技は現在新型コロナウイルスの感染拡大で延期となっている東京五輪で初開催される予定。

ブレークダンスの初採用には、若年層の観客を引き付ける狙いがあるとみられる。

世界ダンススポーツ連盟(WDSF)によると、前述のユースオリンピックではメダルをかけた3つのブレークダンス種目が行われ、それらを観戦に会場を訪れた1日当たりの観客数は3万人を超えたという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]