女性のサッカー試合観戦を初めて許可、サウジ

ジッダのスタジアムで試合を見つめる女性ファン

ジッダのスタジアムで試合を見つめる女性ファン

(CNN) イスラム教の厳しい戒律を根拠に女性への差別的待遇が依然残るサウジアラビアで13日までに、同国1部リーグのサッカー試合を女性が観戦するのが初めて認められた。

サウジで主要スポーツの試合が女性に公開されるのも初めてとなった。

サッカー観戦の許可は、ムハンマド皇太子(32)が女性解放などを唱える国政改革の一環として昨年10月に打ち出したもの。首都リヤド、ジッダとダンマンにある3つのスタジアムを女性や家族に公開するとしていた。これら3スタジアムはこれまで男性専用だった。

同皇太子が先頭に立つ改革路線では今年の夏から女性に車の運転を認める勅令も出ている。世代交代の推進や社会的組織の強化に加え、女性の労働市場や社会的活動などへの進出拡大を狙ってもいる。

女性のサッカー観戦が今回許可されたのはジッダであったアル・アハリ対アル・バティンの一戦。女性の入場に備え、女性を交えた家族専用のゲートも開設され、女性スタッフが入場などを処理した。また、女性ファン専用の礼拝室やカフェ、医療施設も設けられた。

同国の一般スポーツ行政当局の幹部は「国にとって歴史的な瞬間となった」と評価した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]