アブリル・ラビーンさん、ライム病で5カ月寝たきり

アブリル・ラビーンさん(右)。夫のチャド・クルーガーさんと

アブリル・ラビーンさん(右)。夫のチャド・クルーガーさんと

(CNN) カナダ出身の人気歌手アブリル・ラビーンさんが、ライム病にかかり5カ月間寝たきり状態だったことを明かした。

ラビーンさんは米誌ピープルとのインタビューで「息ができない、話せない、動けないという感じだった。死ぬかと思った」と述べた。

ラビーンさんによると、昨年の春にダニに刺されてライム病に感染したとみられ、その後頭がふらふらしたりだるくなったりする症状が数カ月間続いた。当初は病院でも何の病気か分からなかったという。

ラビーンさんはカナダのオンタリオ州にある自宅で療養。ロックバンド「ニッケルバック」のメンバーで夫のチャド・クルーガーさんや実母の看病を受けたという。

「立つのもままならなくて1週間まるまるシャワーも浴びられないこともあった」「生気がすべて吸い取られていくみたいな感じだった」

昨年12月にツイッターでファンの1人が、ラビーンさんから「健康上の問題をかかえている」とのメッセージを受け取ったと公表。その後、ラビーンさんのもとにはファンからの見舞いの声がたくさん届いた。

「ファンからの回復を祈るメッセージやビデオには本当に感動した」とラビーンさんは言う。

現在は8割方よくなったと語るラビーンさん。今月には、知的障害をもつ人々のためのスポーツ組織「スペシャルオリンピックス」を支援する新曲も発売する。

そんなラビーンさんにとって、闘病は新しい視点を与えてくれた「目覚ましコールのようなもの」だったという。「これからは人生を楽しんでいきたいと本当に思う」

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]