スノーモービルのムーア選手死去、Xゲームで事故

2013.02.01 Fri posted at 15:48 JST

[PR]

(CNN) 米コロラド州アスペンで1月24日に開催されたエクストリームスポーツの大会「冬季Xゲーム」で事故に遭い、病院で治療を受けていたスノーモービルのケーレブ・ムーア選手(25)が31日、死亡した。これをきっかけに、Xゲームズをめぐる安全性の問題が改めて浮上している。

ムーア選手はフリースタイルのスノーモービル選手。競技中、宙返りをしようとした際に十分にマシンを回転させることができず落下し、頭と胸が200キロを超えるマシンの下敷きになった。

大会を主催していたスポーツ専門ケーブルテレビ局ESPNは声明で哀悼の意を表するとともに「この事故を受け、徹底的なルールの見直しを行い、適切な変更を加える」と表明した。安全問題への取り組みは以前から行われていたという。

その一方で声明は、ムーア選手が過去4回のメダルに輝いたことを指摘。「どんなスポーツであれ、世界有数の選手による最高レベルの試合であってもリスクは残る」とした。

この大会では弟のコルテン・ムーア選手(23)も事故で負傷した。だがコルテン選手のフェイスブックのファンページによれば、26日に退院したという。

メールマガジン

[PR]