2022年の交通手段はどう変わる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運転手のいない自走車が公道を走り、空の旅は格安化とサービスの有料化が進む一方でユニークなデザインの新型機が登場、鉄道は一層身近な存在になる――。米国の交通手段は2022年までの10年間で大きく様変わりする見通しだ。航空業界のトレンドは、格安化とアラカルト方式のサービスへと向かいつつある。あらゆるサービスが航空運賃に含まれていた時代は終わり、枕、軽食、窓側の座席など、あらゆるサービスが有料になるかもしれないと専門家は予想する

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]