豪女性の脳から生きた線虫を摘出、体長8センチ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性の脳から生きた線虫を摘出、体長8センチ 豪州

(CNN) オーストラリアの首都キャンベラの病院で最近、記憶障害やうつ症状を訴えていた女性の脳から、生きた線虫が摘出された。世界初の手術例とされる。

患者は南東部ニューサウスウェールズ州に住む64歳の女性。最初は2021年1月末、3週間に及ぶ腹痛と下痢に続いてせきや発熱、寝汗の症状を訴え、地元の病院に入院した。

その数カ月後に記憶障害とうつの症状が出て、キャンベラの病院に送られ、MRI検査で脳の右前頭葉に異物が見つかった。

手術で摘出されたのは、体長8センチの寄生虫。病院が寄生虫の専門家を探し、生きたままの状態で研究所に送ると、すぐに答えが返ってきた。さらに分子検査で、ニシキヘビに寄生する線虫と確認された。

担当したキャンベラ病院の感染症専門医はCNNに「われわれの知る限り、人間を含むほ乳類の脳で見つかったのは初めてだ」と語った。

メールマガジン登録
見過ごしていた世界の動き一目でわかる

世界20億を超える人々にニュースを提供する米CNN。「CNN.co.jpメールマガジン」は、世界各地のCNN記者から届く記事を、日本語で毎日皆様にお届けします*。世界の最新情勢やトレンドを把握しておきたい人に有益なツールです。

*平日のみ、年末年始など一部期間除く。

「豪州」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]