子宮が2つある女性、26日間隔で3児を出産 バングラデシュ

2つの子宮を持つバングラデシュの女性が、26日間で男女の双子を含む3児を出産/Shutterstock

2つの子宮を持つバングラデシュの女性が、26日間で男女の双子を含む3児を出産/Shutterstock

(CNN) バングラデシュの首都ダッカで、20歳の女性が第1子を出産したわずか26日後に、双子の男女を出産した。ダッカの病院の医師が明らかにした。

3児を出産したのはアリファ・スルタナさん。医師によると、今年2月下旬、ダッカ市内の病院で正常分娩(ぶんべん)で男の子を出産。母子とも元気に退院して1カ月もたたないうちに、別の病院に入院した。

スルタナさんが下腹部の痛みを訴えていたため超音波検査を行ったところ、双子を妊娠していることが分かったという。

スルタナさんは子宮が2つある「完全重複子宮」という珍しい症例だったことが判明。最初に生まれた子どもは、双子とは別の子宮で成長していた。

最初の出産の時は超音波検査を受けていなかったことから、双子の妊娠は見落とされていたという。

インド・ニューデリーにある病院の専門家は、「子宮は2つの管が結合して発達する。だがこの結合が起こらず、互いを隔てる壁がなくならないことがある」と解説する。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]