絶滅危惧種のユキヒョウ、飼育場から逃げ射殺 英動物園

飼育場から逃げ出したユキヒョウが射殺された/Dudley Zoo

飼育場から逃げ出したユキヒョウが射殺された/Dudley Zoo

(CNN) 英イングランドのダドリー動物園は2日までに、ネコ科の大型動物であるユキヒョウ1頭が飼育場から逃げ出し、園内で射殺したと発表した。

今年10月23日の閉園後に起きた騒ぎで、飼育担当者が飼育場を開けっ放しにした後、逃げていた。生息数が減っているユキヒョウは絶滅危惧種に指定されており、動物保護団体などは同園の今回の措置に失望している。

ダドリー動物園幹部は声明で、逃げたユキヒョウを飼育場に戻す努力が失敗し、動物園を囲む森林近くにおり、日も暮れ始めていたと指摘。「獣医は麻酔矢は効き目が出るまで時間がかかり安全な選択肢ではないと判断した」と述べた。

その上で公共の安全確保のため他の手段はなかったと主張。銃器担当班の経験が豊富な職員による発砲は1発だけで、ユキヒョウは「苦しまなかった」と述べた。

逃げ出していたユキヒョウの名前は「マルガーシ」で8歳。2011年にイングランド東部のバナム動物園から移って来て、3歳の雌のユキヒョウと同居していたという。

ユキヒョウの保護活動に当たる団体「ユキヒョウ・トラスト」によると、世界各地に生息する野生の個体数の正確な把握は困難だが、4000~6500頭と推定。動物園で飼育される個体数は約500頭としている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]