くしゃみ我慢したら喉に穴、英34歳男性の症例

今回の症例では、この圧力によって、男性の喉の組織が損傷した。医師によれば、くしゃみを我慢することで鼻腔の問題や中耳・内耳の損傷、耳の感染症、鼓膜の破裂が生じることもある。

男性は抗生剤を投与され、7日間は経管栄養で過ごした。安静にしているうちに症状は改善し、徐々に口から物が食べられるようになったという。後遺症は残らなかった。

医師は男性に対し、次にくしゃみをする時は鼻をつままないようアドバイスした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]