月に想定以上の「水」か、水分閉じ込めたガラス玉が広く分布

2017.07.25 Tue posted at 11:23 JST

[PR]

(CNN) 月の表面に水分を含んだ「ガラス玉」が広く分布している痕跡が、衛星画像解析によって発見されたことが25日までに分かった。米ブラウン大学の研究チームが科学誌ネイチャー・ジオサイエンスに論文を発表した。これまで確認されていた以上の水が月に存在する可能性があるという。

研究チームによると、火山の噴火で月面に噴出した古代の火山灰や岩石に含まれるガラス玉の中に、水分を閉じ込めている痕跡が見つかった。

水の痕跡は、ほぼ全ての堆積(たいせき)物で発見されたといい、月の内部の広い範囲に水分が分布していることをうかがわせると研究者は解説。今後の月面探査で火山の堆積物から水を採集できる可能性もあるとしている。

ガラス玉に含まれる水の量はごく少量にすぎないものの、火山の堆積物に覆われた範囲は数千平方キロ、深さは数キロにも及ぶと推定され、「これまでに確認されていた以上の水がある」と研究者は推測する。

水分を含む結晶は、太陽風が高高度で水素に作用してできたと推測される。月の極点にも少量の氷があるという。

米航空宇宙局(NASA)が月面を探査した「アポロ計画」がスタートした1960年代当時、月に水はないと考えられていた。

メールマガジン

[PR]