土星と地球を1枚に収めた初の写真、NASAが公開

土星と地球が1枚の写真に

(CNN) 米航空宇宙局(NASA)は13日、土星探査機カッシーニが7月に撮影した土星のパノラマ写真を公開した。背景には小さな光点として地球の姿も写っている。

写真は7月19日に観測された土星の日食をとらえた。地球は土星の右下、外側の薄い輪の上に、小さな青い点として写っている。土星の左上には金星があり、その左上の赤い点は火星だ。

写っているのは土星周辺の約65万キロの範囲で、NASAによると、土星と衛星、土星の輪、地球、金星、火星をすべて1枚に収めた写真はこれが初めてだという。

通常は土星と地球を1枚の写真に収めようとすると、地球が太陽に近すぎるためにカッシーニのセンサーがダメージを受け、撮影ができないという。しかし今回は日食で太陽の光が土星に遮られる現象を利用して、撮影に成功した。

NASAは撮影日に合わせて「土星に手を振ろう」と呼びかけるキャンペーンを展開。これに応えて送られてきた1400枚あまりの写真を合成したモザイク画像も先に公開している。

カッシーニは1997年に打ち上げられ、2004年から土星の軌道を周回している。NASAは17年まで土星の写真撮影や情報収集を続ける計画。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]