アトランタ動物園の双子のパンダ、生後100日で命名

双子のパンダには「ヤールン」と「シールン」と名前が付けられた

双子のパンダには「ヤールン」と「シールン」と名前が付けられた

(CNN) アトランタ動物園で9月に生まれた双子のジャイアントパンダが、生後100日目の12日に命名された。

2頭はともに雌で、父ヤンヤンと母ルンルンの間に生まれた6番目と7番目の子ども。双子の誕生は2組目だ。

兄姉のパンダと同様、中国の伝統に従って100日目に名付けられた。

中国・成都のパンダ繁殖研究基地が提案した7組の名前のうち、一般からの投票で、母の名に中国語で優雅を意味する「ヤー」を付けた「ヤールン」と、幸福を意味する「シー」を付けた「シールン」が選ばれた。

レイモンド・キング園長は「アトランタ市と成都の繁殖研究基地、そして世界中にいる動物園のファンの皆さんとともに、2頭の健康とパンダの未来を祝う」と述べた。

ヤールンとシールンは9月3日に生まれた。まだよちよち歩きで、一般公開は今月末か来月になる見通し。ファンらは飼育室に設置されたカメラを通して、2頭が眠ったり飲んだり、ルンルンと遊んだりする姿を見ることができる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]