緑に囲まれて暮らす女性は長生き、疾患リスクも低下 米調査

死亡原因となる疾患との関係を調べた調査では、自宅周辺に緑が多い女性はそうでない女性に比べ、腎疾患による死亡率が41%、呼吸器疾患による死亡率は34%、がんによる死亡率は13%、それぞれ低いことも分かった。

死亡率低下の要因としては、緑に囲まれて暮らすことによる精神衛生状態の改善のほか、社会とのかかわりの多さ、大気汚染の少なさなどを挙げている。

緑の多さと死亡率との因果関係を数年にわたって調べた全米調査は今回が初めて。

今回の調査対象者の84%は都市圏在住だった。長生きするため田舎に引っ越したり公園の近くに住んだりしなくても、身の回りに植物を増やすだけで死亡リスクの低下につながると研究チームは指摘し、今回の研究結果を都市計画などに役立ててほしいと話している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]