世界一周目指した女性飛行士の貴重な映像を発見

1937年撮影のフィルム

(CNN) 80年近く前に世界一周飛行の途中で消息を絶った米国の女性飛行士、アメリア・イアハート。その最期は今も謎に包まれている。

だが先ごろ、イアハートが世界一周飛行の準備にあたっている様子を撮影したフィルムが発見された。1937年に撮影されたこのフィルムは同年以降、行方が分からなくなっていた。

フィルムに残された映像は、『アメリア・イアハートの最後の写真撮影』という電子書籍と合わせて公開されている。

同書の著者、ニコル・スウィンフォード氏はこのフィルムについて、1937年5月、当時のバーバンク空港(カリフォルニア州、現ボブ・ホープ空港)で撮影されたと考えている。

バーバンクではアルバート・ブレズニクという写真家がイアハートの写真撮影を担当していた。だが誰が映像を撮影したかは不明だ。フィルムはブレズニクのおいによって発見された。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]