豪華クルーザーを2年間「置き忘れ」 スウェーデン

2年間係留されっぱなしになっていた1000万ドルのヨット

2年間係留されっぱなしになっていた1000万ドルのヨット

(CNN) 1000万円の船を2年間、放置した理由は「置き忘れ」――。スウェーデンのハーバーに係留されたままだった豪華クルーザーの持ち主が、このほどようやく名乗り出た。

クルーザーは米リンカー社の人気モデル「フィエスタビー」で、全長10メートル。スウェーデン南部のノルウェー国境に近いストレムスタードのハーバーに2年前から係留されていた。

キーはデッキの手すりに結び付けたまま。「いつでも乗り回せる状態だったが、だれもそんなことはしなかった」と、地元の警官は語る。

この町の住民は正直者に違いない。

オーナーの姿を見た者はなく、滞納された係留料が高額になるにつれ「何があったのか」と不安が渦巻き始めた。キャビンの中からは、2008年の日付が書かれたノルウェー語の書類が見つかった。

オーナー捜しをフェイスブックで呼び掛けたところ、ノルウェーのメディアがこれを取り上げ、本人がついに名乗り出た。

警官はオーナーの名前を明かさなかったが、「何年も前に売却したつもりになって忘れていたらしい。よほどの大富豪だろう」と語った。

長い間放置されていたにもかかわらず、クルーザーの状態は良好だという。ハーバーの係留料は夏のシーズン中で24時間当たり30~50ドル。2年分は相当な額に上るが、大富豪なら「簡単に払えるはず」と、警官は話している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]