生徒十数人の昼食を「没収」、給食代未納を理由に 米小学校

この女子生徒はCNN系列局に、食堂の管理者はトレーを持ち去る際、「牛乳を飲みなさい」と語ったと証言。「何か起きたの?」と尋ねた時、管理者はオレンジを手渡し、「給食代の支払いがないので、食べることは出来ない」と告げたという。

今回の騒動が起きた学校区を受け持つ教育行政当局によると、食堂の管理者と上司が職務停止処分に科された。通常の昼食メニューに代え、果物と牛乳が配給されたが、子どもに食べ物を何も与えない方針は認めていないとも説明している。

今回の昼食取り上げの騒ぎを受け、ユタ州の州上院議員2人が「生徒を校内で空腹にすべきでない」と学校を訪れ、生徒と共にランチを摂る行動も見せた。議員1人の昼食代は3ドル(約306円)だったという。議員は、権限を乱用して子どもを辱め、当惑させた当事者を解雇すべきとも主張した。

同州のソルトレークシティー学校区当局は交流サイト「フェイスブック」上で、当事者の間違いがあったことを認め、謝罪を表明。異なった対応が打ち出されるべきだったとも釈明した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]