米「24アワー・フィットネス」が破産法の適用申請

米スポーツジムチェーン「24アワー・フィットネス」が破産法の適用を申請した/Andrew Harrer/Bloomberg via Getty Images

米スポーツジムチェーン「24アワー・フィットネス」が破産法の適用を申請した/Andrew Harrer/Bloomberg via Getty Images

ニューヨーク(CNN Business) 全米に展開するスポーツジムチェーン「24アワー・フィットネス」が15日、連邦破産法第11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請したと発表した。

申請文書によると、破産法の適用を受けて2億5000万ドル(約270億円)の資金を調達し、今月末には営業を再開する計画。ただし国内約300店舗を残し、14州で計100店舗を閉鎖する。

既存店舗への再投資や新規開店、新たな商品やサービスの提供も進めて再建を図るという。

同社CEOは、新型コロナウイルス感染拡大による壊滅的な影響がなければ申請は必要なかっただろうと述べた。

米国内の中堅スポーツジムは最近、格安チェーンや新興のフィットネス動画配信サービスなどに押され、顧客離れが目立っている。

老舗チェーンの「ゴールドジム」も30店舗を閉鎖し、5月に破産法の適用を申請した。

米東海岸を中心に複数のブランドで200店舗を展開するタウン・スポーツ・インターナショナルも15日、破産法申請を検討していることを明らかにした。すでに従業員7000人の大部分を解雇し、家賃の支払いを停止しているという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]