米不動産会社が太っ腹、従業員198人に計12億円のボーナス

まさかの巨額ボーナスに従業員が驚愕 米

(CNN) 米メリーランド州にある不動産会社の従業員はこのほど、毎年恒例の休暇シーズンのパーティーで予期せぬ贈り物を受け取った。合計で約1000万ドル(約12億円)にも上るボーナスだ。

セント・ジョン・プロパティーズの従業員198人は平均で5万ドルのボーナスを受け取った計算になる。

アシスタントプロジェクトマネジャーのステファニー・リッジウェー氏はCNNの取材に対し、ボーナスの入った封筒を開けた時のことを振り返り、「全く信じられなかった」と述べた。「自分が見たものが信じられなかった。自分がどのように感じているか表現する適切な言葉さえ思い浮かばなかった」

セント・ジョン・プロパティーズのローレンス・メイクランツ社長はCNNの取材に対し、同社の開発した土地が2000万平方フィート(約185万平方メートル)という大きな節目に達したと説明。こうした目標の達成に貢献した全ての従業員に何か感謝の気持ちを伝えたかったと語った。

それぞれの従業員は在籍した年数に応じてボーナスを受け取った。最少額は100ドルで、この従業員は雇われたもののまだ働いてはいなかった。最高額は27万ドルだった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]