泣く赤ちゃん避けられる座席予約サービス、JAL導入

赤ちゃんの近くを避けたい乗客にとっては便利な機能だ/Japan Airlines

赤ちゃんの近くを避けたい乗客にとっては便利な機能だ/Japan Airlines

(CNN) 日本航空(JAL)はこのほど、赤ちゃん連れの乗客が事前に望む座席を予約し、同社の公式サイト上の座席マップ上に「幼児マーク」が記される新たなサービスを発表した。

対象の幼児は生後8日から2歳まで。JALのサイトを通じた座席予約のみに限ってのサービスで、他の乗客は泣き叫ぶなどする赤ちゃんの居場所を前もって知り、これを避けることが可能となる。

ただ、JALはこの幼児マークは一定の条件下で明示されないこともあると釘を刺した。機材変更などの場合を想定している。

JALは幼児向けとして他のサービスも準備。空港では借りられるベビーカーを多数を用意し、個人のベビーカーも預け荷物として無料で引き受ける。

幼児連れの乗客は優先的な搭乗もでき、機内ではボトル用のお湯も提供し、おしめ交換用の装置も備える。

ツイッター上では、幼児マークのサービスを歓迎する書き込みもあった。2週間前にニューヨークからカタール・ドーハまでカタール航空の長距離フライトに乗り、泣きわめく赤ちゃん3人が近くの席にいたとの経験をした男性は感謝を表明。「全ての航空会社がぜひとも採用すべきサービス」と訴えた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]