米スタバ、注文しなくてもトイレ使用可に 業務の方針を変更

スターバックスの業務方針が変更され、注文しない人でもトイレを利用できることが明示された

スターバックスの業務方針が変更され、注文しない人でもトイレを利用できることが明示された

ニューヨーク(CNNMoney) コーヒーチェーン世界大手の米スターバックスは21日までに、店舗を訪れた顧客に対し、商品を注文しなくても店内のトイレの使用を許可する方針を発表した。店内やテラスでの待ち合わせなども自由にできるようにするとしている。

米国内の従業員に向けて18日に送付した電子メールの中で同社は「わが社の提供するテラス、カフェ、トイレといった場所を訪れた人は誰であれ、商品を購入するかどうかにかかわらず、顧客とみなされる」と明言した。

また「乱暴な態度」で振る舞う顧客への対処の仕方についても具体的な指針を提示し、「他の従業員や顧客に対して直ちに危険や脅威が及ぶとみられる」状況を目撃した場合は、警察に通報するよう呼びかけている。

スターバックスに対しては先月、フィラデルフィアの店舗での黒人男性2人への扱いをめぐって批判の声が上がっていた。

このとき男性の1人はトイレを使わせてほしいと頼んだが、従業員は注文する顧客しか使えないとしてこれを拒否した。男性2人が注文せず店内に座ったままでいたので従業員は警察に通報。2人は不法侵入で逮捕されていた。2人への訴追は行われなかった。

スターバックスはこの後2人に謝罪した。今月の29日には全米の直営店8000店舗を休業とし、人種的偏見の解消に向けた従業員研修を行うとしている。

同社のシュルツ会長は今月初め、顧客のトイレ使用に関して、注文する顧客にのみ認めるという「あいまいな」方針はあったものの最終的な判断は店舗の責任者に任されていたと説明。こうした旧来のやり方に否定的な見方を示していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]