AT&T、トランプ氏弁護士との契約を確認 ワーナー買収問題で

米通信大手AT&Tが、買収に関する助言を求めてトランプ氏の弁護士と契約していた

米通信大手AT&Tが、買収に関する助言を求めてトランプ氏の弁護士と契約していた

ニューヨーク(CNNMoney) 米通信大手AT&Tは10日、メディア大手タイムワーナーの買収について助言を得る目的で、トランプ米大統領の個人弁護士マイケル・コーエン氏と契約していたことを確認した。

AT&Tの広報担当者によれば、コーエン氏を雇った背景には買収問題のほか、米連邦通信委員会(FCC)による規制や税制改革について助言を受ける狙いもあったという。

米紙ワシントン・ポストは同日、コンサルタント契約に関するAT&Tの社内文書の内容として、コーエン氏が長期計画立案のほか、法人税改革やタイムワーナー買収といった足元の問題にも注力する方針だったと報じた。

AT&Tは8日、コーエン氏の会社であるエッセンシャル・コンサルタンツに支払いを行ったことを確認。新たに発足したトランプ政権について「知見」を得る目的だったとしていた。

AT&Tが今週従業員に送ったメールによると、同社は2017年初頭、「FCCの規制改革や法人税改革、独占禁止等法の執行状況」について助言を得るため、コーエン氏を雇用していた。コーエン氏は法律関連の仕事やロビー活動は行っていなかったという。

AT&Tはこれまで、ネットワーク中立性に関する規則の変更やタイムワーナーの買収計画など、規制当局絡みの問題を多く抱えてきた。

FCCは最終的に、ネット中立性に関する規則の撤廃を決定。AT&Tはこの決定をおおむね支持した。ただ、AT&Tによるタイムワーナーの買収をめぐっては、米司法省が買収阻止を求めて提訴している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]