カジノで6億円分のチップ盗まれる、ディーラー逮捕 マカオ

香港(CNNMoney) マカオの高級カジノで600万ドル(約6億6000万円)相当のチップが盗まれる事件が起き、地元警察は20日までに、ディーラー1人と共犯者とみられる人物を逮捕したと明らかにした。警察は引き続きチップの行方を調べている。

事件は16日、マカオの人気カジノ「ウィンマカオ」で発生した。警察は盗まれたチップがカジノの警備をすり抜けた経緯を明らかにしなかったが、地元メディアは、容疑者がVIPルームでチップを荷物につめ、そのまま持ち去ったと伝えた。

犯人がチップを現金化するためには、最終的にカジノに戻る必要がある。

ウィンマカオは米ラスベガスに本拠を置くカジノ運営会社のウィン・リゾートが管理している。ウィン・リゾートは大物実業家のスティーブ・ウィン氏が立ち上げた。

投資会社サンフォード・バーンスタインのアナリストによると、カジノの運営業者は今回の事件を受け、店舗内の監督を厳格化するよう当局から対応を迫られる可能性がある。

マカオではギャンブル関連の規制がラスベガスよりも緩く、高額の賭けの大半はいわゆるVIPルームで行われるという。こうしたVIPルームはカジノではなく、中国本土の業者が運営しているため、カジノ側が室内での出来事を正確に管理するのは困難になっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]