「憎悪あおる」英大衆紙に広告打ち切りの運動、レゴも参加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レゴはこれまで、デーリー・メールに商品プレゼントの広告を出していた。打ち切りのきっかけとなったのは、同社の商品を愛用しているという顧客からの書簡だ。「貴社のように進歩的な企業」が同紙に加担しているのは大変気掛かりだ、と書かれた書簡は、フェイスブックで1万3000回以上シェアされた。

SFHはさらに百貨店大手ジョン・ルイスやスーパーマーケット・チェーンなどにも同様の行動を呼び掛けている。ジョン・ルイスは声明で、CNNMoneyに「紙面編集の良しあしについて判断を下すことはない」と述べた。

ウィルソン氏は「顧客が求めるのは編集上の判断ではなく、倫理的な良しあしをめぐる判断だ」と主張している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]