NY原油が一時30ドル割れ、12年ぶり安値水準

原油先物が12年ぶりの安値水準=Shutterstock/CNN Money

原油先物が12年ぶりの安値水準=Shutterstock/CNN Money

ニューヨーク(CNNMoney) 12日のニューヨーク商業取引所は、国際指標となる「米国産WTI原油」の先物価格が一時、1バレル=30ドルの大台を割り込み、2003年12月以来約12年ぶりの安値水準となった。終値は前日比3%減の1バレル=30・44ドルだった。

原油価格は年初来19%下落している。2014年6月に同108ドルをつけたピーク時からは72%減と大きく値を下げている。

原油価格の下落には、石油輸出国機構(OPEC)内の足並みの乱れや、中国経済の減速、米国産原油の増産などが影響を与えていると見られている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]