大気汚染で中国赴任嫌う 米企業53%、幹部配置に苦労

中国に進出する米企業の過半数が大気汚染が原因で幹部配置に苦悩

中国に進出する米企業の過半数が大気汚染が原因で幹部配置に苦悩

香港(CNNMoney) 中国の米国商工会議所などは14日までに、同国に進出する米企業の53%が中国で深刻化する大気汚染が原因で外国からの上級幹部職の起用に問題を抱えているとの調査報告書を発表した。

この種の調査で、大気汚染が主因で幹部職の配置に支障が出ているとした米企業が過半数を記録したのは初めて。昨年は48%で、2013年は34%だった。

中国の一部都市は世界で最も汚染がひどいとされる。同国では大気汚染の他、不衛生な食材や飲料水への不満も強まっている。

調査結果によると、米企業の47%は、中国では自社の商業活動が以前より歓迎されていないと受け止めていた。本拠地同様の良好な雰囲気の中で事業展開が出来ているとしたのは10%、別に変化はないとしたのが43%だった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]