英、ロシアへの制裁強化を主張 完全撤退が実現するまで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
英国のリズ・トラス外相(左)=12日、ドイツ/Marcus Brandt/Pool/AFP/Getty Images

英国のリズ・トラス外相(左)=12日、ドイツ/Marcus Brandt/Pool/AFP/Getty Images

(CNN) 英国のトラス外相は12日、ドイツで開かれた主要7カ国(G7)外相会合後の声明で、ロシアがウクライナから完全に撤退して和平に同意するまで、国際社会はロシアへの制裁をさらに強化すべきだと呼びかけた。

こうした要求が満たされるまで、制裁を解除してはならないとも述べた。

北大西洋条約機構(NATO)加盟国は夏の終わりまでにウクライナがNATO標準の装備に移行するのを支援する計画を立てるべきだとも主張した。これにはNATO標準の砲弾や訓練、専門技術の提供が含まれる。

NATOによる支援のほか、G7各国にウクライナの復興支援の計画をするようにも呼びかけた。第2次世界大戦後の欧州の経済復興を計画した「マーシャルプラン」のような方針に基づき、財政面や技術的な支援の提供を行うべきだと述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]