欧州の人口の半分以上、2カ月以内にオミクロン感染の恐れ WHO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

欧州の人口の半分、2カ月内にオミクロン株感染も

(CNN) 世界保健機関(WHO)は11日、今後6~8週間で欧州の人口の半分以上が新型コロナウイルスのオミクロン変異株に感染する恐れがあるとの見通しを示した。各国に対し、マスク着用を徹底させ、対策を急ぐよう促している。

欧州では記録的な感染の拡大が続く中で各国が規制の強化に踏み切り、オーストリアやギリシャ、イタリアなどはワクチンの義務化を発表した。

WHOのハンス・クルーゲ欧州地域事務局長はオンライン記者会見の中で、欧州や中央アジアの諸国は2022年も引き続き、新型コロナの強い圧力にさらされていると述べ、「オミクロン変異株は西から東への新たなうねりとなって、この地域に押し寄せている。21年末までは全ての国がデルタの急増に対応していた」と指摘した。

その上で、「このままのペースでは、今後6~8週間でこの地域の人口の50%以上がオミクロンに感染すると保健指標評価研究所は予想している」と説明。まだ急増に見舞われていない国に対しては、閉鎖された空間や屋内で質の高いマスクの着用を義務付けるなどの対策を促した。

クルーゲ氏によると、欧州の中でもワクチン接種率の低い国は、これからオミクロン株の影響が増大する見通しで、東欧でオミクロン株の感染が拡大すれば、ワクチン未接種者の重症者が増えることが懸念される。

欧州疾病予防管理センター(ECDC)の統計によると、東欧諸国はワクチン接種率が低い傾向があり、ブルガリアで2回接種を済ませたのは28%のみ、ルーマニアは40.5%にとどまる。

クルーゲ氏によると、デンマークではオミクロン株の症例が過去数週間で爆発的に増加。クリスマスの週にかけてワクチン未接種者の入院率は、接種を完了した人の6倍に上った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]