コロナ対応称賛の台湾で過去最多の感染、規制を強化 学校閉鎖も

ティッシュペーパーやトイレットペーパーを買い求める人々=15日、台北市/I-Hwa Cheng/Bloomberg/Getty Images

ティッシュペーパーやトイレットペーパーを買い求める人々=15日、台北市/I-Hwa Cheng/Bloomberg/Getty Images

(CNN) 昨年新型コロナウイルスの封じ込めに成功して高く評価されていた台湾で17日、1日当たりの新規症例数が過去最多を更新した。台湾当局は台北で人の集まりを制限するなど新たな対策を導入している。

台湾中央感染症指揮センター(CECC)によると、17日に報告された新規の症例数は335例に上り、前日の207例を超えて過去最高を更新した。2人を除いて全員が地元での感染だった。

台湾疾病対策センターによると、台北で確認された158例のうち155例は、ホステスティーハウスに関係していた。

台湾当局は15日から対策を導入し、全土でバーやクラブ、スポーツジムなどを閉鎖。台北と新北市では屋内での集まりを5人までに制限した。台北では屋外でのマスク着用が義務付けられ、違反すれば3000~1万5000ニュー台湾ドル(約1万2000~5万8000円)の罰金を命じられる。

台北と新北市の学校と幼稚園は18日から全て休校となる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]