英フィリップ殿下死去、99歳 エリザベス女王の夫

英ロンドンのバッキンガム宮殿前庭で行われたパレードに出席するフィリップ殿下=2017年8月2日/ HANNAH MCKAY/AFP/Getty Images

英ロンドンのバッキンガム宮殿前庭で行われたパレードに出席するフィリップ殿下=2017年8月2日/ HANNAH MCKAY/AFP/Getty Images

ロンドン(CNN) 英エリザベス女王の夫、エディンバラ公フィリップ殿下が9日、死去した。99歳だった。

英王室は「深い悲しみと共に女王陛下は最愛の夫、エディンバラ公フィリップ殿下の死去を公表する。殿下はウィンザー城で今朝、安らかに息を引き取った」との声明を出した。

フィリップ殿下は2月17日に体調不良でロンドンの病院に入院し、感染症の治療を受けた。3月1日には市内の別の病院に移り、感染症の治療のほか心臓の既往症に関する検査を受けた。心臓手術が実施された後の3月中旬に退院していた。

葬儀などの予定は発表されていない。新型コロナウイルスによる制限があり、どのような式典が行えるのかは不明。計画の実施にはエリザベス女王の承認が必要となる。

ジョンソン首相はフィリップ殿下が「世代を超えて英国や英連邦、世界中から愛されていた」と述べ、その死を悼んだ。

フィリップ殿下は英王位に就く人物の配偶者として最長の期間を過ごした。エリザベス女王とは1947年に結婚し、その求婚の様子は第2次世界大戦で荒廃した同国を魅了した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]