インド・ヒマラヤで登山者8人が行方不明、捜索を開始

ナンダデビ山東峰を目指した登山者8人が行方不明になっている/Vishal Bhatnagar/NurPhoto/Getty Images

ナンダデビ山東峰を目指した登山者8人が行方不明になっている/Vishal Bhatnagar/NurPhoto/Getty Images

(CNN) インド・ヒマラヤのナンダデビ山東峰(標高7434メートル)で登山者8人が行方不明になり、捜索が始まった。

行方不明になっているのは英国人4人、米国人2人、オーストラリア人1人と、現地の連絡調整スタッフ1人。

地元ウッタラカンド州の当局者によると、一行は12人のグループで5月13日に出発した。26日に標高6000メートルのベースキャンプまで戻る予定だったが、25日に4人だけが帰還した。

登山を手配した会社は数日間待機した後、31日に当局に通報したという。

すでに捜索隊3チームが頂上から約25キロ下のキャンプに到達し、医薬品や日用品を運ぶチームが後を追っている。軍の航空機も出動する予定だ。

登山者らがどの時点で行方不明になり、何が原因だったかなどについてははっきり分かっていない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]