朝鮮半島の「非核化」、北朝鮮が米と協議へ 朝鮮中央通信

朝鮮中央通信が米朝首脳会談について、朝鮮半島の非核化を協議すると伝えた

朝鮮中央通信が米朝首脳会談について、朝鮮半島の非核化を協議すると伝えた

(CNN) 北朝鮮の朝鮮中央通信は11日、シンガポールで12日に行われる金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長と米国のトランプ大統領の首脳会談について、朝鮮半島の非核化と、持続可能な和平について協議すると伝えた。

金委員長とトランプ大統領は首脳会談を控え、それぞれ10日にシンガポール入りした。現職の米大統領が北朝鮮の指導者と会談するのは初めて。

朝鮮中央通信は今回の会談について、「北朝鮮と米国の新たな関係の確立、朝鮮半島における恒久的かつ持続可能な平和維持の仕組み構築、朝鮮半島の非核化の実現、その他相互の関心事項」について、幅広く意見を交換すると伝えた。

朝鮮中央通信によると、平壌国際空港で行われた出発式典では、金委員長が高官らに見送られ、専用機として提供された中国の航空機に搭乗した。

金委員長には、金英哲(キムヨンチョル)党副委員長、李洙ヨン(リスヨン)党副委員長、李容浩(リヨンホ)外相、努光鉄(ノグァンチョル)人民武力相、金与正(キムヨジョン)党第1副部長、崔善姫(チェソンヒ)外務次官が同行している。

一方、トランプ大統領は米朝首脳会談に向けた期待を表明しているものの、具体的な内容に関する詳細は明らかにしていない。

トランプ大統領は11日、シンガポールのリー・シェンロン首相と会談する見通し。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]