グアムの大司教を解任、「違反行為」認める バチカン

ローマ法王庁が米領グアム島の大司教を解任したと明らかにした

ローマ法王庁が米領グアム島の大司教を解任したと明らかにした

(CNN) ローマ法王庁は18日までに、米領グアム島のアンソニー・アプロン大司教(72)を解任し、同島での居住を禁じるとの報道文を発表した。

法王庁の司法機関が同大司教に対する告発を審理し、「ある違反行為」を認めたことを受けた措置。ただ、この告発内容の詳細には触れなかった。バチカンの法規では大司教は上訴の権利がある。

グアムの地元紙「デーリー・ポスト」によると、アプロン大司教のおいは今年1月、16歳の時に大司教から性的暴行の被害を受けたと訴えていた。大司教はこの告発内容を否定していた。

アプロン大司教は1986年からグアム島アガナの大司教区を管轄している。

バチカンの報道文によると、大司教が上訴に踏み切った場合、今回発表された処分内容の効力は最終的な司法判断が出るまで差し止められる。未成年者に対する性的虐待行為が発覚した場合、最大の処罰は自発的な聖職者としての地位放棄もしくは地位の剥奪(はくだつ)となっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]