スイス、ナイジェリア元大統領の横領金返還 363億円

2017.12.07 Thu posted at 16:00 JST

[PR]

(CNN) スイス政府は7日までに、アフリカ西部ナイジェリアの独裁者だったサニ・アバチャ元大統領と一族が横領し隠匿していたとみられる公金などの3億2100万米ドル(約363億円)をナイジェリアに返還することで合意したと発表した。

この問題を調べているナイジェリア当局は、1998年の死去まで同国を5年間統治した元大統領は在任中、40億ドル以上を横領したと見ている。3億2100万ドルは元大統領の息子に対する刑事手続きの一環として没収した。

スイス政府は声明で、返還の条件についてナイジェリア政府、世界銀行と合意したと説明。資金の使途は世銀が支援、管理する最貧困層の社会保障を強化する事業になると述べた。

ナイジェリア政府は返還合意を受け、汚職根絶の戦いに対する国際支援に感謝する声明を発表した。

スイス当局はこれまでアバチャ元大統領関連で約7億ドルの資金を回収。ナイジェリアは米国内で没収された4億8000万ドルの返還も求めているが、複雑な法的手続きに直面して手間取っている。

国連薬物犯罪事務所(UNODC)によると、ナイジェリアが1960〜99年の間に汚職絡みで失った金額は推定4000億ドル。米国の首都ワシントンでは現在、新たに創設された資産回復に関する国際会議が開かれているが、ナイジェリアは優先的な対象国の4カ国に含まれている。

メールマガジン

[PR]